小型船舶免許の種類

小型船舶免許には、すべての水域を操縦する事が出来る無制限の「一級小型船舶操縦士」、海岸から5海里(約9キロメートル)以内の水域及び平水区域を操縦可能な「二級小型船舶操縦士」、水上オートバイ(ジェットスキー)で湖岸、海岸から2海里(約3.7キロ)を操縦できる「特殊小型船舶操縦士」、湖や川、その他特別な海域を操縦できる「湖川二級小型船舶操縦士」の4種類があります。

小型船舶免許の種類

1級小型船舶免許
1. 24m未満のプレッシャーボート、その他の船舶は20トン未満
(水上オートバイを除く)
2. 全ての水域
2級小型船舶免許
1. 24m未満のプレッシャーボート、その他の船舶は20トン未満
(水上オートバイを除く)
2. 海域から5海里(約9km)以内の水域及び平水区域
特殊小型船舶免許
1. 水上オートバイ
2. 乗船する船舶ごとに規定された区域
湖川2級小型船舶免許
1. 5t未満の船舶(水上オートバイを除く)
2. 湖川及び一部の海域(機関出力:15kw未満)

小型船舶操縦士免許証の表示方法



1.すでに免許をお持ちの方について
・お持ちの5トン限定の操縦免許証は、次回の更新まではそのまま限定のない免許証として使用できます。
・今後、2級から1級への進級には身体検査及び学科試験だけを受けることになります。
(進級制度については特段実施期限はありません)

2.これから免許をお取りになる方について
・1級、2級の学科試験について、5トン限定の廃止前後で科目及び内容に変更はありません。
・実技試験は、5トン未満の船舶を使用した試験に統一されます。

3.18歳未満の方の免許について
・18歳未満の方は、18歳の誕生日の前日までは乗船できる船の大きさは5トン未満です。なお、誕生日を過ぎれば、特段の手続きなく5トン以上の船に乗船できます。

4.その他の限定の取り扱いについて
・旧5級の操縦免許証をお持ちの方は、トン数に制限はありませんが、引き続き航行区域につき1海里の制限が付されます。
・湖川小出力限定の操縦免許をお持ちの方については、乗船できる船の大きさは5トン未満となります。